性同一性障害診断テストとは?

性同一性障害であると確定するためには、専門家がチームとなって、おおよそ半年から1年という時間をかけて多方面から診察を行うことがガイドラインで定められており、安易に診断されるわけではありません。

その中で検査項目のひとつとしてIQテスやト心理検査を取り入れる場合があります。
形式はアンケート方式やマークシート方式、心理士と一緒に行う検査など、いくつかの種類がありますが、どの形式を行うかは個人によって異なります。

また、最近ではインターネットや性同一性障害を取り上げた書籍などで自己判断チェックテストが掲載されていることもあります。

こちらに関しては、あくまでも参考程度のテストであり、正確な診断だとはいえませんので注意してください。