性同一性障害とニューハーフは同じ?

性同一性障害とニューハーフは混同されることが多くありますが、実際はどうなのでしょうか?

性同一性障害とは、自分が持って生まれたからだと、自分が認識している性別が異なると感じている人です。
一方、ニューハーフとは一般的に、男性が女性のファッションなどをして接客する職業です。

つまり、仕事として女性的な外見をしている人や、女性的な格好が好きだという人も含まれています。

つまり、ニューハーフと呼ばれる人たちのすべてが自分の性に違和感を感じているとはいえないのです。
また、性同一性障害の人たちのすべてが、性別適合手術や容姿を変えることを望んでいるわけではありません。

これらの理由から、性同一性障害とニューハーフは必ずしも同じではないといえます。